top of page

 「私は誰も殺害していませんし、誰の星も奪っていません。エリスちゃんのお姉さんを結晶化させただけです」

 

 目の前の少女が、淡々とそう語る。

 状況が飲み込めない僕は、しばらく何も返せなかった。

 

 「冗談はやめてよ。 あはは。僕をからかっているの?」

 ようやく出た言葉はそれだった。冗談にしてはきつすぎる。そんな冗談を言うような子ではないことは、なんとなく分かっていた。

 ただ、この子が大罪人であるということに比べたら、そんな冗談を言う確率のほうが高かった。

 

 「だって、リトスの事件は8年も前だよ、君はその時10歳くらいでしょ?まさか、見た目だけ若いです~っていうのかな。あはは」

 「いえ、私は18歳です。だいたい見た目通りかと」

 「ほら、やっぱり。和ませてくれようとしたんだろうけれど、そういう嘘は良くないよ。大体、今朝助けてくれた時、氷を生成してたじゃない」

​ 信じてもらえませんか、と言ったツララちゃんは腕を虚空に上げて、詠唱を始めた。

 

 

 「流星よ。天涯より注げ」

 

 無から有が現れた。

 鋭く生成された結晶は、真っ直ぐに僕の方へと飛んでくる。

 勢いは収まることなく、そのまま脚を貫かれる。

 「っ!!?」

​ 鋭い痛みが、駆け抜ける。

 今朝、生成されていたダイヤモンドダストは、たしかに氷の類いだったはずだ。

 周囲の気温だって、肌でわかるくらいには下がっていた。

 

 でも、今僕に突き刺さっているこれは、氷のように冷たくはない。

 

 「私は連星と言って、生まれつきアスタを二つ持っているんです。一つは氷をそしてもう一つは、鉱石を生み出す能力」

 

 今朝の傷と同じだ。深く、血も沢山流れている。

 そうだ、僕は化け物にやられたんじゃない。

 ​「思い出しましたか? 私は鉱石の魔導師、そして」

 思い出した。

 僕は、エリスちゃんの姉さんを知っている。調査の中で、出会って……

​ そして僕は、ツララちゃんに、討伐されるはずだった。

 「タースさん、ラゴは貴方です」 

 ツララちゃんのその言葉が、事実として突き刺さる。

 僕はどうして、今の今まで忘れていたのだろう。

 僕がラゴになったのは、アイリースが死んだあの日だ。

 家に帰ると、いつも迎えてくれるはずのアイリースが出てこなかった。

 返信もなかったし、体調でも悪いのだろうか。

 そう思い、彼女の部屋へと向かった。

 

 扉を開くと、知らない誰かがそこにいた。

 手には血の付いたナイフが握られ、足元には人が倒れている。

 それはアイリースだった。腹部から血を流し、荒い呼吸を繰り返している。

 僕は無我夢中で、殺人鬼に飛びついた。頭よりも先に、彼女を守ろうと身体は動いていた。

 もみ合いになる中でナイフを奪い、運良く殺人鬼に一撃を入れることができた。

 しかし、運も長くは続かなかった。

 

 身体に痛みが走った。心臓近くに刺さったそれが、おそらく致命傷だったのだろう。

 殺人鬼は、傷口を押さえながら、逃亡した。

 薄れゆく意識の中で、僕を呼ぶ声が聞こえた。

 彼女もひどい怪我だった。早く、彼女だけでもと懇願した。

 身体はもうピクリとも動かなかった。

 

 「貴方だけは、死なせない」

 

 最後に聞こえた声を思い出した。

 気がついたら、報道陣のフラッシュの中だった。

 アイリースはアスタを奪われ、死亡したと聞かされた。

 今朝、ツララちゃんにしてもらった包帯を外す。そこには、かすり傷一つなかった。

 僕はラゴになったことで、一命をとりとめたんだ。

 そして無意識のうちに狂暴化し、エリスちゃんのお姉さんのアスタを奪ってしまった。

 「あの術は、生物を仮死状態で保存できるんです。お姉さんは、まだ生きている。だから、返してください。お姉さんのアスタを」

 そう説得をされた。

 まだあの子が助かるということを知り、僕は何よりも嬉しかった。そういうことならば、すぐにでも、死んででも返したい。

​ でも、外傷を受けたせいか、それともラゴが凶暴化するという夜になったからだろうか。

 自分の意志とは別に、僕の身体は異型へと変わっていく。

 

​ 鉤爪へと変化した腕が、ツララちゃんに迫る。

 やめてくれと、身体を必死に動かそうとするものの、制御は効かない。

 回避はしたものの、ツララちゃんの肩を掠めてしまう。

 「ニげ……て」

 かすかに動かせた口から、必死にそう伝える。

 それでも、ツララちゃんは逃げなかった。負傷した肩を抑えながらも、覚悟を決めた表情は変わらない。

 ​僕は、もう自分のものではなくなった身体に必死に命令を出す。その抵抗は虚しく、鉤爪がもう一度振り下ろされる。

 ツララちゃんは先程の攻撃で、回避は難しいと悟ったのだろう。今度は術を展開して、鉱石の障壁を生成する。

 一度は防げたものの、二撃目がまたすぐに振り下ろされる。

 障壁は砕け散り、衝撃で小さな身体は飛ばされた。

 インテリアも、同時にいくつか飛び散り、大きな音が鳴る。

 

 次の攻撃は回避もできない状態で、恐らく術の展開も間に合わないだろう。

​ やめろと心のなかで念じるものの、腕が攻撃をやめることはない。

 僕は目を閉じた。予想できる惨状を、見たくはなかった。

 

 勢いよく振り下ろされた腕は、ピタリと止まる。

 目標物に到達したのだろうか、そんな感覚はない。

​ 恐る恐る目を開けると、ツララちゃんの眼の前で、静止していた。

​ 

​ なぜ急に止まったのか。ツララちゃんの倒れている床を見ると、答えがわかった。

 そこには、僕らの思い出の写真があった。

 そうか、僕は今、ラゴだから理性を失って暴れているんじゃない。

 これは、僕に死んでほしくない。そう願った"彼女"の意志だ。

​ 「もうやめて、アイリース」

 彼女の名前を呼ぶと、身体がそれに反応するように、ピクリと動いた。

 考えてみればそうだ。僕が喰べたのは、彼女のアスタなんだから。

 胸に手を当てると、鼓動を感じる。生きている証だ。生かしてもらった証だ。

___でも、ごめんね

 「僕はもう、君のいない世界で生きていたくない」

​ そう本心を伝えると、目には涙が溢れてきた。僕の涙ではない。

 ​もう一度、君に会いたかった。そんな願いはする必要がなかった。

____君はずっと、ここにいたんだね。

 もう抵抗の意思はないといって、手を掲げる。

 ツララちゃんはそれを信じてくれた。​

 「どうして今朝、僕を助けてくれたの?」

 少女に、そう尋ねてみる。

 僕はあの時、夜明け前で力も弱っていた。朝のあの時に討伐してしまえば、リスクを冒す必要はなかったはずだ。

 「ただの私のエゴですよ。貴方に、自分のしたことを知ってほしかった」

 「あはは。君は嘘が下手だね」

 僕がそう返すと、ツララちゃんはぽつりぽつりと話し始めた。

 「本当は、重ねていたのかもしれません。私も昔、願ったのです。救いを。名前も知らない、〝誰か″の助けを」

 それは本心から出た言葉であると、はっきりと分かった。

 それだけ聞けば、おおよその予想がついた。

 

 「君は今回のように、リトスの人を助けようと術を使ったんだね。君は誰の命も奪っていない」

 自由に動く様になった口でそう問うと、彼女は、首をどちらにも振らなかった。

​ それでも、答えは分かった。

 「優しすぎるよ」

 

 「いいんです。私が選んだことですから。それにいつか必ず、証明します。潔白を」

 揺るがないその覚悟の目を、僕はしっかりと見た。

 彼女は優しいだけじゃない。その心はとても強硬で美しい。

 

 この子ならきっと、これからも苦難を乗り越えて行けるだろう。

​ そのための手助けを、少しでいいからしたいと思った。

 

  「うん。僕もそれを願っているよ」

 僕はそういい、自らの胸に鉤爪を立てる。

 そして、一つのアスタを抜き出した。僕が奪ってしまった、エリスちゃんのお姉さんのアスタだ。

 

 「これ、お願いね。僕はこの後、命を断つことにするよ」

 いくら僕がラゴだとしても、君の手を少しでも汚したくないと伝えると、了承してくれた。​

 「沢山迷惑をかけてしまったから。もう少し償いをさせて」

​ 僕は床に散らばっている中でも、大きな鉱石を数個持ち上げた。​

 そしてそれを、身体に突き刺した。

 「タースさん。何を!」

 ツララちゃんは、今日聞いた中で一番大きな声を出す。

 こんな姿になった僕でもまだ、心配をしてくれるんだね。

 これだけ身体に傷をつけても、まだ動ける。さすがは化け物だと思った。

 「鉱石の魔導師なんていなかった。いたのはなんだろうね。クリスタル・ドラゴンのラゴかな?あはは……エリスちゃんみたいな小さい子なら、勘違い、しても仕方ないよね」

 流石に息が途切れ途切れになる。​アスタが一つなくなったから、回復能力も落ちている。   

 まだ動けるとはいえ、長くは持たないだろう。

 だから、動けるうちに、やるべきことをやらなければいけない。

​ 「どうか、術を解かないでね。これ、今抜けたら流石に出血で死んじゃいそうだから。まだ少し、やりたいことがあるんだ」

 「ダメです、そんなこと! 術を使ったのは私の判断で……! 貴方が償うのは、貴方の罪だけで十分です!」

​ ツララちゃんは、僕がやろうとしていることを。理解したのだろう。

​ 犯した罪は、償わければならない。でも、別の人が自分の罪を被るのは、きっと彼女にとって我慢ならないことなんだ。

 元はと言えば、僕がお姉さんのアスタを食べたことで招いた結果だ。

 それを言っても、彼女は納得してくれなかった。

​ 

​​ 「じゃあ取引しよう。まだ殺人鬼は、この街にいる。僕らの仇を、必ず裁いて」

 

 取引というより、一方的な押し付けだと思う。それでもいい。

 彼女は首を縦に振ったりしないだろうから。

 「お願いね」

​ 

 答えも聞かず、化け物の姿のまま家を飛び出した。

 少女は最後まで手を伸ばし、必死に僕を止めようとしてくれた。

 僕も必死にそれを振り払う。化け物の力を借りて空を飛び、それを成し遂げた。

 ____さようなら。心優しい大罪人さん。

 空はすっかりと暗くなっていた。

 

 星座のように、空が飛べたらどんな景色が見えるんだろう。

   そう憧れていたこともあった。こんな景色だったんだ。飛行船とはわけが違う。鳥になったように、自由に行きたい場所へと向かえる。

 まさか、ラゴになって見ることになるとは思わなかったけれど。

 フラフラと飛び、夜でも人通りのある場所へと向かう。

 

​ いつも通っていたパン屋さんは夕方で終わりだ。今はもう、自宅である上の階の電気がついている。ご主人と奥さんで、楽しく食卓を囲んでいるのだろうか。

 中央にある噴水広場は、夜でもライトアップがされて、とても綺麗だ。

 たまにアイリースと夕飯を食べに来たときなんかは、よく寄っていた。

 人通りも、そこそこある。

 空から飛来したものに、沢山の悲鳴があがる。

 当たり前だ。僕は化け物なんだから。

 

 街のみんな、恐い思いをさせてごめんね。もしかしたら何人か、恐怖でアスタが欠けてしまうかもしれない。本当にごめんなさい。それでも僕は、守りたい子がいるんだ。

 ゆっくりと地上に降り、一度、大きな雄たけびを上げる。

 それは化け物の咆哮となり、周囲に恐怖を振りまいた。

 こんなに大きな声を出したのは、人生で初めてかもしれない。

 人を襲う意思はもちろんない。

 あとはここで、誰かに討伐されるのを待つだけだ。

 「雷鳴よ。轟き荒め!」

 

 しばらくすると、誰かが駆けつけてきた。

 紫電が、目の前を駆け巡る。少しだけ身体がしびれた。

 昼間の茶髪の憲兵さんだった。こんな時間まで、警備をしてくれていたんだろうか。

 この街を守ってくれることに、心から感謝をする。

 向こうは、目の前の僕が昼間の冴えない男だと気づいてはいないようだ。

 

 憲兵さんは、通行人に避難指示を出しながら、必死に術を展開する。

 静電気のようなそれは、全く僕を殺してくれない。

​ 丈夫すぎるのも困ったものだ。と考えていると、コツっと革靴の足音が聞こえた。

 「先輩、邪魔なので下がっていてください」

 その声で、空気がピリッと変わる。

 声の主は、長身の憲兵さんだ。

 でも、雰囲気が昼間と全く違った。 

 帽子とマスクを外し、恐れを一切感じさせることなく、こちらに近づいてくる。

 ツララちゃんを思わせる白い髪。そして翡翠色の眼光が、鋭く僕に向けられた。

 昼間はマスクをしていて気が付かなかったけれど、頬に傷のような跡がある。

 彼は戦い慣れているようだ。

 

 持っているのは、たった一本の刀。

 それなのに、なぜかこの人なら、殺してくれると思った。

​ 不思議と笑みがこぼれた。これで、少しは償いができると。

 お願い、僕を、殺して。そして証明して。

 

​ ___鉱石の魔導師なんて、この街にはいなかったって。

​______________________________________

 

 ここまでが、このラゴの記憶だ。

bottom of page